ネットを使ったせどりを始める時のアイテム選び

パソコンやスマホなど、ネット環境がある人であれば、気軽に始められる副業の一つがせどりです。安く仕入れたアイテムを、仕入れ価格よりも高く売ることで売買益を生み出していく仕組みのことです。
そんなせどりを始めたい時に、まず考えておく必要があるのが、販売をするアイテムです。

せどりには、古本屋やリサイクルショップなどで中古品を仕入れ販売をしていく形と、安く商品を仕入れ販売をしていく方法があります。販売を目的にして中古品を仕入れるためには古物商許可が必要になりますが、新品を仕入れる場合は古物商許可がなくても副業を始めることができます。
古物商許可申請のハードルはそれほど高くないため、せどりに興味を持っているのであれば、申請を出しておく方が良いでしょう。ただ、古物商許可申請が大変と感じるのであれば、新品を仕入れて販売をするという形のせどりを考えておくことがおすすめです。

ネットさえあれば、色々なアイテムを手軽に購入できる時代となってきています。価格を比較検討した上で商品を購入する人も多く、ネットで販売されているアイテムを仕入れ用に購入しても、売買益を生み出せない状態になるだけではないかと考えてしまう人もいるでしょう。
しかし、ネットショッピングに対するこだわりは人によって異なり、幅広いサイトを活用する人もいれば、ポイントや使いやすさなどの関係で特定のサイトを通じてしか購入しないという人も少なくありません。

ネット中を探せば、安く購入できるアイテムであっても、特定のネットショッピングサイトでは高い価格でしか販売されていないというのはよくあることです。安く販売されているサイトが存在するアイテムでも、ネットショッピングサイトの価格に合わせて出品をすれば、売買益を生み出すことができます。
古物商許可なしでせどりを始めたい時は、利益を生み出すことができるアイテムがないかを探すところから始めてみると良いでしょう。

ただ、注意をしておかなければいけないことが、新品についての考え方です。ネットオークションやフリマアプリに出品されているアイテムの中でも、未開封の物を選べば古物商許可なしに転売ができると考える人もいるでしょう。しかし、商品そのものは新品であっても、店を離れ一度個人の手に渡ったアイテムは中古品とみなされるため、古物商許可が必要です。
そのため、フリマアプリなどを活用して仕入れを行いたいと考えている場合も、古物商許可申請から始めておくことがおすすめです。

未分類

Posted by admin