転売をビジネス化するには?

転売をビジネスとするには、重要なポイントにおいて特商法を設け商品を転売するのが望ましいです。その理由ですが、多くの転売を仕事としている方々は商品を売買するに際して、商品の責任を取らないことが多いのです。ここで言う製品の責任とは、新品であるにも拘らず中古品の様にボロボロである商品などのことを指します。

こうした転売を行うビジネススタイルは時として詐欺として訴えられることがあります。何故、このようなことが起きるかですが、転売を行う上で新品の定義が、商品を売買する店舗により異なるためです。例えば、中古品を購入してきて、きれいにパッケージングすれば新品として商品を売買することが出来るインターネット通販サイトがあります。

こうした場所であれば、中古品を新品と偽り商品を売買することが出来るのですが、問題としては口コミにおいて、悪評が多数付くことです。それだったら、特商法を設けて中古品として安全に売買をした方が商品によっては中古品でも高額に売買をすることが出来ると考えるのが望ましいです。

こちらの手法であれば、利点は、中古品を高く販売する上で、特商法を設け商品に対して責任を持つことで売買する出品者側は評判を下げずに済みます。もちろん購入者側が返品を申し出たりした場合においては、返品に応じるか応じないかを特商法の取り組みで決めておかなければならないという面倒はありますが、この面倒な作業を終えておくことで、後々商品に関するトラブルは限りなく減少させることが可能です。

特商法は、商品に対する保護に関する規約で保証でもあるため、購入者側はこの規約を見て購入を検討します。その為、規約と異なる場合においては、出品者側が非難されることは仕方がないことです。しかし、非難される由縁がない場合においても、この特商法は、出費者側を保護することにもつながるためできるだけ設けるべきです。

以上が転売をビジネス化する上で必要とされる取り組みですが、副業として転売を成立させるためには、必ずと言ってよいほど通るべく道が、商品のその後をどうするかです。たとえ中古品であっても返品に応じるかなどの他クレームを受け付けない問いするスタンスなど様々なスタンスを取りことが出品者側の権利です。

それと同時に購入者側も権利があり、特商法に従い、返品を受けることが出来る場合、返品を申し出ますのでそれらの対応をきちんとできてこそ転売をビジネス化することが出来ると結論付けます。

未分類

Posted by admin