クラウドソーシングのコピーの注意点と有料ツール

クラウドソーシングというネットビジネスで稼ぎたいなら、コピー文章や著作権などは十分意識する必要があります。どこかからコピーしてきた文章は、決して投稿すべきではありません。それも考慮すると、コピペ確認ツールなどは検討してみる価値があります。

クラウドソーシングで意識すべきコピー禁止ルール

クラウドソーシングというサイトで稼ぐ方法は、主に記事作成になります。与えられたテーマに関して文章を書く訳ですが、その際に強く意識すべきなのは著作権です。その権利に違反しますと、大変面倒な事になりかねません。
よく言われる事ですが、著作権に違反するとトラブルに発展するケースは実際あります。WEBサイトの場合、削除になる可能性があるのです。
そもそも作ったウェブサイトに対しては、検索エンジンが状況確認を行っています。問題点が無いかどうかを、検索エンジンのロボットのようなシステムが調査している訳ですが、その際コピーコンテンツの有無を確認されるのです。
コピーが発覚すると、せっかく一生懸命作ったサイトが削除されてしまうケースもあります。大変面倒な事になりかねませんし、サイトを作る側としては、コピーコンテンツを警戒している訳です。ですからクラウドソーシングの募集内容を見てみると、よくコピー禁止と書かれています。

コピー投稿は面倒な状況になりかねない

ですから例えば、どこかのサイトからコピーした文章をそのまま貼り付けるのは、まず間違いなく面倒な状況になります。少なくとも、発注者側から怒られてしまうでしょう。場合によっては、さらに状況がエスカレートする可能性もありますし、報酬返金などの事態になりかねません。
逆に、完全オリジナルの内容にしておけば、特に問題はありません。ですから募集内容の文面にも、「オリジナルにして下さい」とよく書かれています。

有料ツールで確認してみる

ただクラウドソーシングで多数の記事を投稿し続けていくと、上記のようなコピーが心配になってしまうケースも多いです。自分では全く意識していなくても、いつの間にかコピー状態になっている事もあります。
それを避けるためには、有料ツールの導入も検討してみると良いでしょう。有料ツールによっては、コピペの確認機能があります。サイトに投稿する前に、ツールで文章を確認してみますと、コピペは問題ないかどうか調べることもできます。
ただツールを使う場合、たいてい年額数千円ぐらいになります。お金はかかってしまいますが、クラウドソーシングを本業にしている方は、そのツールを有料契約している事も多いです。

未分類

Posted by admin